img.wp-smiley, img.emoji { display: inline !important; border: none !important; box-shadow: none !important; height: 1em !important; width: 1em !important; margin: 0 .07em !important; vertical-align: -0.1em !important; background: none !important; padding: 0 !important; }
閉じる

新潟の風景に出会える!古町5番町の「佐藤エハガキ店」に行ってきました。

この記事のライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

ドカベンの銅像でおなじみの古町5番町。通りを歩いていると、タバコの自販機と共にポストカードが置かれているお店がありました。

看板には「サトウエハガキ店」とかいてあります。タバコ屋さんではなく、よく見てみると、新潟の風景が映された絵葉書がずらり。このお店はなんと明治42年に創業!西暦に直すと1909年。。105年も続く絵はがき屋さんなのです。

店内には、写真だけでなくイラストの絵葉書も。どれも新潟の風景を描いていて風情を感じます。絵葉書ってなかなか見たり買ったりする機会がないので、興味深く見させてもらいました。

皆さんは新潟を代表する風景と言われると何を思い浮かべますか?なかなか思い浮かばないですよね

。佐藤エハガキ店には色々な新潟の姿が絵葉書になって置かれていました。。萬代橋の風景が多かったですが、棚田や、雪、海、越後平野などなど。「あぁ、こういう所もあるよね~!ここはキレイ!」と思ったり、「これぞ新潟!って代表風景がないなぁ」と思ったり。

せっかくなので絵葉書を買って帰ることに。

私が選んだ新潟の風景絵葉書はコチラ!

棚田シリーズ!525円の4枚入り。長岡市の山古志・川口峠の棚田の四季風景を楽しめるセットです。

今はメールや電話で連絡取ることがほとんどですが、たまにハガキを出してみるというのもいいかもしれませんね。以前に「「郵便の父」の出身地・上越市!ハガキで上越観光をPR!「日本一ハガキを出すまちへ!」」という記事で紹介したように、新潟県上越市には「ちりつも観光プロジェクト」と言う、ハガキで上越観光のPRをしていこうという活動があります。県外の人に新潟の素敵な風景の絵葉書を送ることで、新潟に関心を持ってくれる人が増えてくれれば素敵ですよね。

そんな新潟のいいところを切り取った絵葉書、ぜひ探しに行ってみてはいかがでしょうか?

お店情報

佐藤エハガキ店

  • 営業時間:10:30~17:30
  • 定休日:水曜日
  • 電話番号:025-222-3724
  • 住所:〒951-8063 新潟市中央区古町通5番町619

ライター 唐澤頼充(ライター/リサーチャー)

 

スポンサーリンク

【超安い】永井電子/ULTRA フルオートタイマー ハーネスセット ベーシックモデル トヨタ マスターエース Q-CR21G/28G/30G/37G 2C-T 2000cc 1982年11月~1991年12月 Uni ナイト THULE

更新情報はこちらで配信しています


Return Top
{yahoojp} {niigata-repo.com} xt01-myp12-gui-1987